スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レナータ・テバルディの全集が出ます。


 
 オペラ・ファン垂涎のレナータ・テバルディ、デッカ録音全集(66CD)が発売されます。マリア・カラスの全集は多く発売されていますが、テバルディの全集がなかったもので早速ポチりました。結構、ダブりもありましたが、モノ時代の録音や、聴いていなかった曲もあり、到着が待たれます。tosca、cio-cio-san、mimi、desdemona,aida、maddarenaいやどれをとっても素晴らしいだけではなく、美声を生かしたストレートな表現は現代の歌手の規範となるようなものです。ただviolettaだけは第1幕の最後の高音が上がりきらず、それが「テバルディは高音のコントロールが・・・」と言われた原因かも知れません。でも、本当に聴き応えがありますよ。デッカの録音だけに半世紀経っても色あせない音作りです。やはり、カラヤンとの「アイーダ」と「オテロ」が双璧でしょう。ついでに、カバリエやプライス、ヴィシネフスカヤの全集も出してほしいものです
スポンサーサイト

スザンナ・フィリップスについて


写真は「フィガロ」の伯爵夫人です。

 さて、先日ご紹介したスザンナ・フィリップスですがMetでも「こうもり」のロザリンデ、「ボエーム」のムゼッタ、そして「コジ」のフィオルディリージと多くの役で出演中です。来年は「ホフマン物語」にも出演します。美しい声、安定した音程、華やかな舞台姿、演技もなかなかです。本来はリリコですが、もう少し強い声も出そうです。というと弱点は見当たらないようですが、私が懸念しているのは、やはり役柄です。アラバマ生まれで、いかにもヤンキー娘、こぼれそうな明るい笑顔は魅力的ですが、オペラのヒロインはどちらかというと薄幸で弱々しい女性が多いです。その悲しみをどのようにとらえて歌に表現していくのかがこれからの課題ではないでしょうか。頑張ってくださいね。

スザンナ・フィリップス (Susanna Phillips)の フィオルディリージ 私の愛したリリコ・スピント



 今年の西宮芸文、佐渡裕監督プロデュースオペラ2014はモーツァルトの「コジ・ファン・トゥッテ」です演出はデヴィッド・ニースと言うことで本格的ですね。招聘の歌手と日本人とのダブル・キャストです。日本の歌手も素晴らしいですが、何といっても フィオルディリージを歌うスザンナ・フィリップス (Susanna Phillips)が目玉です。

 アメリカ出身の若手ですがすでにMetの来日公演でムゼッタを歌っています。メトロポリタンオペラの秘蔵っ子で今年もフィオルディリージ、ムゼッタだけではなく「こうもり」のロザリンデを歌いました。これから伸び盛りの歌手ですね。若くて艶やかで伸びやかな声の持ち主ですが、Liveならではの音の厚みに期待しましょう。昨年はミア・パーションのフィオルディリージを聴きましたが、その比較も楽しみです。デヴィッド・ニースの推薦ということですが、あの難しい「岩のアリア」をどのように歌うのでしょうか。ワクワクしますね。

マリーナ・レベッカ(Marina Rebeka)私の愛したリリコ・スピント



 最近、人気が急上昇しているラトヴィア出身のマリーナ・レベッカ(Marina Rebeka)。海外のサイトで良く取り上げられ、CDも出ましたので、私のLibraryの中から探しますと。何とMet でドンナ・アンナ歌っているではありませんか、彼女はロッシーニなどをレパートリーにしていたのでレジェロかと思っていたのですが、注意して聴いてみると 確かに高音の美しさ、歌唱の安定度は抜群ですが、それだけではなく声の艶、厚さも十分で表現力もあり素晴らしい歌を展開していました。エルヴィラのフリットリがやや下り坂の歌唱なのに対して、伸び盛りのレベッカの声は素晴らしい存在感でした。グワイチェンやヴァルガスの男声陣も素晴らしく、ファビオ・ルイージの指揮もイタリアものやモーツァルトは上手いですね。聴かせる「ドン・ジョヴァンニ」でした。マリーナ・レベッカ(Marina Rebeka)は最近シカゴでヴィオレッタなども歌っています。また、聴きましたらコメントしたいと思います。

ミア・パーションMiah Perssonのフィオルデリージ   私の愛したリリコ・スピント


新国立劇場で「コジ・ファン・トゥッテ」が上演されていますので見に行きます。
演出も面白いですが、なんと言っても現代最高のフィオルデリージであるミア・パーションが聴けるのが楽しみです。と思ったら結構チケットは余っているので驚きました。
ミア・パーションMiah Perssonはスウェーデンのフディクスヴァル生まれ。来日は初めてですがモーツァルト歌いとしては欧米で名声が確立しています。今年の新国では「アイーダ」のラトニア・ムーアと並んで最大の目玉なのに各方面の紹介が少なく、もったいないですね。来月には同じ役のCDも発売されますのに・・・。期待しています。
プロフィール

dawa7761

Author:dawa7761
オペラをこよなく愛する者です。
すばらしいリリコ・スピントであるOksana Dykaちゃんのファンです。
東の果ての国から応援しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
私の愛したリリコ・スピント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。