スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名曲は「オテロ」でも好きなのは「トロヴァトーレ」


さて、CDもよく聴いていますので、今日からは「トロヴァトーレ」です。友人たちも「トロヴァトーレ」は好きな人が多く、名曲は「オテロ」でも好きなのは「トロヴァトーレ」という声をよく聴きます。台本は恋敵を見るとすぐ剣を抜いて決闘をするというたわいのないものですが、曲は実に素晴らしい。代表的なものだけで

フェルランドの歌う物語Abbietta zingara, fosca vegliarda
「穏やかな夜」Tacea la notte placida: レオノーラのアリアとカバレッタ
マンリーコ、レオノーラ、ルーナ伯爵の三重唱
鍛冶屋の合唱Vedi! Le fosche notturne spogile (通称「アンヴィル・コーラス」)
「炎は燃えて」Stride la vampa: アズチェーナのアリア
「君の微笑み」Il balen del suo sorriso: ルーナ伯爵のアリア
「ああ、美しい人」Ah si, ben mio: マンリーコのアリア
「見よ、恐ろしい炎を」Di quella pira: マンリーコのカバレッタ
「恋は薔薇色の翼に乗って」D'amor sull'ali rosee: レオノーラのカヴァティーナ
ミゼレーレMiserere: 舞台表のレオノーラ、舞台裏での合唱、マンリーコによる重唱
「我らのへ」Ai nostri monti: アズチェーナとマンリーコの二重唱

 と、聞き所が満載で、聴衆を飽きさせることはありません。また物語の内容に即したドラマチックな音楽は、後年ヴェルディが目指した、音楽とドラマの一体の萌芽ともいえるべきものです。
おすすめの演奏は
 トゥリオ・セラフィン(Tullio Serafin)のDGG盤です。

ヴェルディ:歌劇『トロヴァトーレ』全曲
カルロ・ベルゴンツィ
アントニエッタ・ステッラ
エットーレ・バスティアニーニ
フィオレンツァ・コッソット
イーヴォ・ヴィンコ
フランコ・リッチャルディ、他

ミラノ・スカラ座管弦楽団&合唱団
トゥリオ・セラフィン(指揮)
録音時期:1962年7月

 もう50年以上前の録音ですが歌手も粒ぞろいです。バスティアニーニのルーナ伯爵はちょっと声がいがらっぽくなっていますが、当たり役です。ステッラのレオノーラは不安定な所もありますが聴かせますし。ベルゴンツィのマンリーコもHI-Cの部分は別として格調の高い歌を聴かせます。何といっても圧巻はコッソットのアズチェーナでしょう。声の張り、艶は言うまでもなく、この役の表現も完璧に近いものがあります。後年の映像よりもこのCDの歌が魅力的です。特筆すべきはスカラ座のオーケストラと合唱団、そしてトゥリオ・セラフィンの指揮ですね。ちょっと荒いけれどいかにもイタリア・オペラらしい熱気と推進力には圧倒されてしまいます。アンサンブルもよくあっており、ヴェルディ得意の重唱部分は随一の出来ですね。半世紀聴いても飽きない演奏こそ本当の名演といえるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

ミュンヘンのトロヴァトーレ さてカウフマンは?


 バイエルン国立歌劇場からのストリーミング放送でヴェルディのトロヴァトーレを見ました。Olivier Pyによる演出は前近代的な工場を背景としてルーナ伯爵が社長、アズチェーナとマンリーコがそこで働く労働者親子、レオノーラが視覚障害を持つ女性ということで階級対立を基本に設定されていたように思いますが、とても暗い舞台で、演出家の意図はもう一つ分かりませんね。トロヴァトーレは4人の歌手がよければ成立するオペラですが、この舞台では歌手の声を聴くよりもいかにもドイツの舞台らしく、語りのような演奏になっていたので、本来のベルカント・オペラを期待していた向きには不満だったかもしれません。歌手では、人気絶頂の Jonas Kaufmann(Manrico)とAnja Harteros(Leonora)ですがKaufmannはちょっと神経質そうでこの役には似合いませんね。LunaのAlexey Markovと顔が合えば喧嘩、斬り合いがこのオペラの醍醐味ですが、説明的な演出と相俟ってちょっと不完全燃焼でした。LeonoraのAnja Harterosはとても人気のある歌手で、高音のコントロールは素晴らしいのですが下降レジスタの部分では声質が変わりすぎています。いずれこの役に挑戦するNetrebkoはどうでしょうか。やはりここは真のリリコ・スピントであるオクサナ・ディカ(Oksana Dyka)ちゃんのような歌手に欲しいと思いました。Paolo Carignaniは日本でもおなじみの指揮者ですが、演出のせいもあって、ちょっと歌手陣と息が合っていませんでした。やはりトロヴァトーレは若いヴェルディのオペラらしく溌剌とした演奏がいいですね。

Metの「トロヴァトーレ」


 最近、まとまりのないBlogになってしまっていますが、今日はMetの「トロヴァトーレ」です。Live in HDで見逃したのでwowowでの視聴です。
 まず、思わず笑っちゃったのは、解説の方が フェランド役を歌ったステファン・コーツァンを激賞していたことです。悪くはないですが、NET-RADIOで聴いていてもこのぐらいのフェランドならザラにいます。もっと深い声で歌わなければと思いました。
 素晴らしいのはザジックの アズチェーナですね。声の調子も良く力強い歌声はさすがにメゾの女王だと思いました。 マルセロ・アルヴァレスのマンリーコも美しい歌声で良かったと思います。往年のコレッリのようなアクロバット的な歌唱ではありませんがその端正な歌いぶりは好感が持てました。人気絶頂のホロストフスキーは声は良いのですが、そのゆっくりしすぎたテンポと相俟って、ちょっと違うなという印象でした。これは私の中にバスティアニーニやカプッチルリの歌唱が色濃く残っているからかも知れません。
 やはりガッカリしたのはラドヴァノフスキーのレオノーラですね声が大きく(口も大きいです)長く伸びることは認めますが、声に潤いや美しさもなく、単調なnoteで出だしのカヴァティーナ-カバレッタ形式の「穏やかな夜に」も魅力がありませんでした。Metにはお抱えのリリコ・スピント(アンジェラ・ミード)がいるので次に期待しましょう。オクサナ・ディカ(Oksana Dyka)ちゃんでもいいですよ。(笑)指揮のアルミリアートはきっちりした演奏でしたが、ちょっとテンポが遅すぎて緊張感に欠けていましたね。マクヴィカーの演出はあまり奇異なものはなかったですが、もう少し華やかさが欲しいと思いました。それにしても「トロヴァトーレ」で4人の主役が揃うことは本当に難しいことですね。
プロフィール

dawa7761

Author:dawa7761
オペラをこよなく愛する者です。
すばらしいリリコ・スピントであるOksana Dykaちゃんのファンです。
東の果ての国から応援しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
私の愛したリリコ・スピント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。