スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メトロポリタン・オペラの「ジークフリート」


 wowowでの視聴です。ルパージュの新しい演出で話題になっている「指輪」の三日目です。何しろ話題はジークフリート役の交代劇です。予定されていたベン・ヘップナーの代わりに、ゲーリー・レーマンが歌うはずが直前に降板、ジェイ・ハンター・モリスが突然の抜擢です。以前オーストラリアで「蝶々夫人」のピンカートンを歌っていた人です。そのときは独特な高音を出していたので、印象が強かったのを覚えています。よく歌っていましたが、やはり「ジークフリート」にしては軽すぎる歌唱でした、がカッコいいので結構、見栄えは良かったです。ブリュンヒルデのデボラ・ヴォイトはワルキューレと同様、高音が伸びきっておらず、苦戦していました。印象深かったのはゲルハルト・シーゲルのミーメとエリック・オーウェンズのアルベリヒで第二幕の兄弟げんかのシーンは迫力がありました。ファビオ・ルイージの指揮は歌手のことを考えて軽やかですが、やはりワーグナーらしくありません、テンポも緩急が激しく、ここに至ってやはりレヴァインが懐かしく思われました。ルパージュの演出は回転する鋼鉄のいたをぐるぐる回して映像を写し込んでいましたが、最近にしては割合穏当な演出でした。もう少し森のシーンは舞台を明るくして欲しかったと思います。劇場ならともかくTVではちょっと疲れます。でも全体としては楽しめました。それでは「神々のたそがれ」へどうぞ・・・。
スポンサーサイト
プロフィール

dawa7761

Author:dawa7761
オペラをこよなく愛する者です。
すばらしいリリコ・スピントであるOksana Dykaちゃんのファンです。
東の果ての国から応援しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
私の愛したリリコ・スピント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。