スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オクサナ・ディカ(Oksana Dyka)ちゃんの「イーゴリ公」


明日6月6日オクサナ・ディカ(Oksana Dyka)ちゃんがヤロスラヴナを歌ったボロディンの「イーゴリ公」がWOWOWで放送されます。すでにBDは発売されていますが、日本語字幕はなかったので、これは楽しみです。素晴らしい歌声を堪能したいと思います。
スポンサーサイト

オクサナ・ディカ(Oksana Dyka)ちゃんの声も特徴的です。


 オクサナ・ディカ(Oksana Dyka)ちゃんの声も特徴的です。多くの方が「会場を満たす強い声」「高域から低域までのムラのない美しさ」「ffでも崩れない歌唱スタイル」と言っていますが。私が聞いたところでは、ちょっとしたフレーズの何ともいえない「艶」や強い声の中の「独特の美しさ」にハッとするところがあります。それがプッチーニやヴェルディの後期の作品に生きてくるのだと思います。さて、オペラファンの皆さんはお気に入りの歌手のどんなところに惹かれるのでしょう。

夏のブレゲンツ音楽祭


 いよいよ夏の音楽祭のシーズンですね。すでにザルツブルグ音楽祭が始まりバイロイト音楽祭も始まります。オーストリアではザルツブルグにはウィーン・フィルそしてもう一つのブレゲンツ音楽祭にはウィーン交響楽団が出演します。昨年も紹介しましたが、ボーデン湖の上に舞台を作った「魔笛」が大評判でした。いかにも楽しそうでしたからね。
 そのブレゲンツ音楽祭でオクサナ・ディカ(Oksana Dyka)ちゃんがブリテンの「戦争レクイエム」のソリストとして歌います。指揮は昨年、パリの「アイーダ」で共演したフィリップ・ジョルダンです。きっと先の共演でその歌声に惚れ込んだのでしょう。ソリストとしても頑張ってくださいね。

オクサナ・ディカ(Oksana Dyka)ちゃん「アンドレア・シェニエ」のマッダレーナを歌う


dal 20 al 29 gennaio 2015 al Teatro di San Carlo
オクサナ・ディカ(Oksana Dyka)ちゃんのレパートリーは「トスカ」「蝶々夫人」「アイーダ」が圧倒的に多いのですが、来年はナポリ、サンカルロ劇場で「アンドレア・シェニエ」のマッダレーナを歌います。マッダレーナは故テバルディの名唱が思い出されますが、スピントとしての強い声が要求されます。頑張ってくださいね。

リトミシュル国際オペラ フェスティバルのオープニング


 欧米では夏休みに入りましたので、各地で音楽祭のシーズンですね。オクサナ・ディカ(Oksana Dyka)ちゃんは先日、チェコのリトミシュル国際オペラ フェスティバルのオープニングで「トスカ」や「蝶々夫人」のアリアを歌いました。そのときの写真をupします。いやスゴイ迫力が映像からも伝わってきますね。

 Featuring works by Giacomo Puccini (Tosca, Madame Butterfly, La Boheme, Turandot, Gianni Schicchi...), Pietro Mascagni (Cavalleria rusticana), Ruggiero Leoncavallo (Komedianti / Pagliacci), Giuseppe Verdi (La Traviata, Il Trovatore).

Oksana Dyka - soprano
Stefano Secco - tenor
Paolo Gavanelli - baritone
PKF - Prague Philharmonia
Conductor: Alessandro Ferrari
プロフィール

dawa7761

Author:dawa7761
オペラをこよなく愛する者です。
すばらしいリリコ・スピントであるOksana Dykaちゃんのファンです。
東の果ての国から応援しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
私の愛したリリコ・スピント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。