スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザルツブルグ音楽祭の「ファルスタッフ」


この夏は2013ザルツブルグ音楽祭の放送を聴きました。まずアンブロジオ・マエストリ得意の「ファルスタッフ」から。ヴェルディが、晩年引退した音楽家たちのために作った老人ホームを舞台に「ファルスタッフ」が引退した老歌手という設定で現実の世界と昔の夢を行ったり来たりという設定でとてもおもしろかったと思ったら、演出はキャンピング「コジ・ファン・トウッテ」のダミアーノ・ミキエレットではありませんか。ナルホドね。リブレットも深く読み込んで本当に上手いなと思いましたが、「コジ」と同じように歌手に思い切り演技させて大変ですね。歌手は芸達者揃い。マエストリの「ファルスタッフ」は歌唱はちょっとと思うところもありましたが、さすがツボを心得ていて存在感のある素晴らしい舞台でした。スカラ座、期待できますね。アリーチェのチェドリンスは最近あまり良くなかったのですが、その不安を払拭するような歌いぶりです。東京ドームの「アイーダ」聴きたかったですね。特に気に入ったのはナンネッタのエレオノーラ・ブラットでみずみずしい声で聴かせました。ナンネッタはやはり若々しくなければ。ズービン・メータも歳に似合わず(スミマセン)若々しい指揮でこの晩年のヴェルディの音楽を軽やかに演奏していました。とても楽しめた「ファルスタッフ」でした。
スポンサーサイト
プロフィール

dawa7761

Author:dawa7761
オペラをこよなく愛する者です。
すばらしいリリコ・スピントであるOksana Dykaちゃんのファンです。
東の果ての国から応援しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
私の愛したリリコ・スピント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。