スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリノ・レージョ劇場の「仮面舞踏会」(3)



 つづいてリッカルドとアメリアの二重唱「この胸はときめき」です。この部分が音楽的にはクライマックスですね。前半のゆったりとした部分から後半のリズミカルで劇的な歌唱まで歌うのはとても高度な歌唱技術が必要です。そしてアメリアの「Si,tamo」で頂点を迎えますがここでもオクサナ・ディカ(Oksana Dyka)ちゃんはとても魅力的です。カンディもディカちゃんも演技が上手く、このオペラの聴かせどころを手応えのあるものにしています。是非聴いてみて下さいね。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【トリノ・レージョ劇場】

 つづいてリッカルドとアメリアの二重唱「この胸はときめき」です。この部分が音楽的にはクライマックス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dawa7761

Author:dawa7761
オペラをこよなく愛する者です。
すばらしいリリコ・スピントであるOksana Dykaちゃんのファンです。
東の果ての国から応援しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
私の愛したリリコ・スピント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。